「健やかに自宅生活」楽しく地域ぐるみで

日本は長寿大国となりましたが、寿命が延びたことにより、加齢による身体機能の衰えという問題が見えてきました。
 「元気で長生き」するために、どうしても避けられない身体の各器官や筋力の衰えを抑制しなければなりません。特に、骨や筋肉の衰えは日常生活に影響を与えます。生きるために人は行動をしなくてはなりません。歩行、食事、入浴、排泄など、身体を動かさないことはまずありません。
 身体を動かすために必要な骨や筋肉、そして関節などを「運動器」と医療の分野では呼称しております。当院は、「健全な運動器」を促進するために、を促進するために院内外にてさまざまな活動を行っております。

運動器不安定症を予防する為に足腰を鍛え、無理のない身体の使い方を覚えて頂きたいと考えております。健康への意識と啓発を目的として、理学療法士などによる健康教室を春野町内の地域や院内にて定期的に開催しております。

平成18年NPO法人トラスト21を設立し、コーラスグループmusica tutti(ムジカトゥッティ)を結成しました。
「音楽をご一緒に」を英訳すると「music together」。イタリア語で表現すると、「musica tutti」となります。
音楽を通して「高齢者の方に元気とエネルギーを」「人の命の尊さ、平和を愛する心の大切さ」をお伝えしています。
病院や介護・福祉施設等への訪問、また高知市春野町を拠点とした文化活動への参加など、積極的に活動を行っております。
平成19年より、医療業界の著名な先生方をお招きして医療講演をしていただき、コーラスや音楽療法とともに「医療と音楽の集いーMusic is a good medicineー」を」高知市春野町文化ホール ピアステージにて、毎年開催しています。

医療界においても、学会へ積極的に参加し情報収集・交換、論文の発表を行っております。

ページ上部へ